集客の基本は知らせる工夫 その1

【 多くのサロンオーナーは店舗の内装に意識を向けるが、異業種起業家は店頭に工夫を凝らす 】

新規の来店動機(きっかけ)を把握していますか?

弊社カットルームカラーの開店から7ヶ月目の来店動機比率。

一番は店頭の看板および店構えでした。

《来店動機比率》
看板および店構え 42%
ホットペッパー26%
ポスティングチラシ14%
口コミによる紹介14%
SNS4%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チラシも口コミも最後は店構えを見て決める。

人は見た目が9割と言われるように店も見た目が9割。

事前に知りえた情報でお客さまは期待して扉を開ける。

店の前を通るけど興味を惹かない。

店の前までに来たけれど、敷居が高過ぎて諦めてしまう。

そんなお客さまも実は多いのです。

お客を呼び込むのも逃すのも実は店頭。

店頭の処理の仕方で集客効果は大きく変化するのです。

しかし大半の店は、店頭より店内に意識を向け、

店頭の用途を意識せずおしゃれに処理をしています。

すてきな外観、店の名前とお店はコチラといいう表示程度。

お客さまを呼び込むという気持が伝わって来ない。

単純にこれを見た人は、何のお店か分からないので通りすぎてしまいます。

よほど好奇心のある人にしかお店の前に来てくれないでしょう。

小売りの世界を考えて見てください。

店頭は所狭しとお客さまを呼び込む商品が飾られ、

また至る所に購買を促すメッセージPOPが張り出されています。

店頭でお客さまの興味を惹き店内に誘導する。

業種が違い、それをそのまま美容室の店頭当てはめろとは言いません。

しかし、せめて何のお店、どんな特徴があるか、

あとは商品の写真なんかをつけておくと良いでしょう。

「商品の売れない理由は、その商品が知られていない」から

外観、店頭は、まさにお客さまに知らせる場なのです。

お客さまが店の扉を開けて入って来る。

そのきっかけ、決断は、店頭の処理の仕方で変るのです。

良い店頭はお客さまを呼び込み、悪い店頭はお客さまを遠ざける。

あなたの店の店頭に客を呼び込む工夫はありますか?

 

フランチャイズ加盟にご興味ある方は
こちらより資料をダウンロード可能です。

お気軽にどうぞ!

 

あなたもカットルームカラーのオーナーになりませんか? カットルーム本部がサポートしますから安心! あなたの挑戦をお待ちしております。