【多くの美容サロンオーナーは“人手が足りず忙しい”というが異業種起業家は“忙しいを数字で表現”する。】

多くの美容サロンでは慢性的な人手不足に直面しています。

しかし、業界の人時生産性は低く、正式な計算で、

「2,000円/人時」を超えているサロンは少ない現状です。

そこで、

“人に作業をつける”

から

“作業に人をつける”

という店舗運営の仕方そのもの大転換を

図る必要が早急に求められています。

先ずは

必要なサービス・作業に、

必要な技術、作業手順をマスターした人を、

必要な時間に、

必要なサービス・作業量だけ

スケジュールすることです。

 

 

 

 

 

なーんだただのシフト管理じゃないか。

単なるシフト管理で人時生産性が

上がるはずはありません。

“必要な”という意味を理解しなければなりません。

働き方を見直し生産性を高める。

いままさに多くの企業が真剣に取り組んでいることです、

この働き方の改善をテーマにお大手の流通業が導入している

レイバースケジューリングシステムについて新たなシリーズとして

BMSFacebookページにアップしていきます。

https://www.facebook.com/bms.japan/

フランチャイズ加盟にご興味ある方は
こちらより資料をダウンロード可能です。

お気軽にどうぞ!

 

あなたもカットルームカラーのオーナーになりませんか? カットルーム本部がサポートしますから安心! あなたの挑戦をお待ちしております。